眠くなるほど気持ちいい!
体験「経絡リンパマッサージ」

HOME > 経絡リンパマッサージ > 体験リポート

ホームページ制作ライターが体験「経絡リンパマッサージ」

「経絡リンパマッサージ」と聞いただけで、どんな施術で、どんな効果が体にもたらされるのかを説明できる人はいるだろうか?
「普通のマッサージとどこが違うの?」
「リンパって?」
「何に効くの?」
そんな疑問が浮かぶ人が大半だろう。
私もそんな一人だった。

ライターという仕事柄、非常に長時間パソコンに向かっているため、常に肩はこった状態。おかげで頸椎椎間板ヘルニアにもなり、右腕が痺れ、激痛で眠れない日々を過ごしたこともあった私。
ちょっぴり高かったが、効果があるのなら……と、ワラにもすがる思いで予約した某リンパマッサージの治療院。確かに他のマッサージとは何か違うようだが、果たして本当に効果があるのか……?
行ってみると、ほとんど裸の状態でうつ伏せになり、足、背中、肩などを「撫でる」「こする」の2時間。気持ちいいと言えば、気持ちいいが、受けている間、常に「これで本当に効くの?」という疑問が浮かんでいた。
終わった後は、肩や腰に痛みを感じ、ひどくだるい。スッキリ感というものは得られなかった。「続けて通えば効果が期待できる」とのことだが、高いお金を払ってチャレンジするほど勇気もない。それほど魅力も感じられず、むしろ「これがリンパマッサージか……」と、期待が大きかっただけにがっくり。

そんなある日、「ホームページを作成してほしい」と知り合いから頼まれた。二つ返事で受けたものの、よくよく聞いてみれば「経絡リンパマッサージ」をウリにしている整体院だという。あの苦い経験から「リンパマッサージ」に対して良いイメージをもっていなかった私は、多少気が重かった。
さらに、その整体院の先生は自信たっぷりにこう言ったのだ。
「ぜひ一度、うちのリンパマッサージを受けてみてください!」


■ 〜野島整体院の経絡リンパマッサージ体験〜

JR元町駅から徒歩5分ほど。1階が酒屋の雑居ビルの6階に野島整体院はあった。エレベーターで6階まで上がり、ドキドキしながら小さなドアを開けると、思いがけずホッとするような温かい雰囲気の室内に緊張もとけた。

受ける前の心配事が2つ。
(1)「女の先生だろうか?」(2)「どんな格好になるんだろうか?」
初めてマッサージを受ける女性なら、誰でもこの2点は気になるところだと思う。けれど、この心配事は院内に入ってすぐに解消された。優しそうな女性の先生が個室に案内してくれ、背中側がマジックテープになった上着と短パンに着替えるように指示してくれたからだ。女性同士とはいえ、裸に近い格好は抵抗がある私にとっては、これだけでもリラックスできた。

着替えてベッドの上にうつ伏せになっていると、先ほどの先生が登場。特に痛みやコリを感じている箇所を訊いてくれ、あとは世間話などで気持ちをほぐしてくれる。
まずは足の裏をきれいに拭いてくれ、その後、マッサージがスタート。以前、某治療院で経験したのと同じで、最初は足のふくらはぎからだった。ただ、受けている感じとしては、全く違う。ここはかなり力を入れてこすり上げているようで、以前体験した、オイルをたっぷりつけて滑らせるように「撫でる」マッサージではなかった。痛くはないが、決して優しくもない。しっかりと指や掌を使い(どういう手つきなのかまでは見えないのでわからないが)、くるぶし辺りから膝裏の辺りまでこすり上げていく。ここにリンパが通っているのだとしたら、なるほど、確かにリンパ液を流しているように思える。
また、ここもオイルはつけているが、ヌルヌル感は全くなく、どちらかといえば摩擦で皮がむけそうな、そんな感覚だ。さらに、マッサージされている箇所がだんだん熱くなってくる。私は「ツボ」だとか「経絡」だとかいう知識はもっていないが、感覚として確かに体の「何か」を刺激されている気がする。痛くもなく、くすぐったいのとも違うのだが、どこか体の奥がムズムズする感じ……。
『痛気持ちいい!』
この表現が一番ぴったりするかもしれない。


ふくらはぎから、足の裏、太腿からお尻にかけて、さらに足の側面までと順番にマッサージは進んでいく。そして、一通り終わると今度はグリグリとお尻の辺りをほぐされた。これがまた気持ちいい。(後で聞いたところによると、これは「整体」も取り入れているのだとか)

どうやらこれで足は終了のようで、次は背中。上着のマジックテープをはがし、同じように背中をマッサージしていく。腰の辺りから肩にむかって、これもかなり力を入れてこすり上げていく。それが、不思議なくらい気持ちがいい。さっきまであれこれといろんなことを考えながら受けていたのだが、だんだん何も考えられなくなり、気が遠くなり……。


「終わりましたよ〜。次は仰向けになってください」
先生の声ではっとした。
信じられない!!
どうやら私は眠っていたようなのだ。それもかなりぐっすりと。
背中のマッサージが始まってからのことが何も思い出せない。一瞬で時間が経っていた。
不思議だった。
柔らかくもみほぐすようなマッサージで心地良くなるならまだわかるのだが、野島整体院のリンパマッサージは力も入っているし、人によっては多少痛いくらいではないかと思う。それなのに、こんなにあっさり寝入ってしまうとは……。
もちろん、マッサージを受けて眠ってしまったことなど初めてだったし、特にこの日が睡眠不足だったというわけでもない。
事前に、『気持ちよくて眠くなりました』という体験者の感想を読ませてもらってはいたのだが、「眠くなるなんて、そんなバカな……」と思っていた私。それが、全く無抵抗に、無防備に、熟睡してしまうなんて……。
だけど、これこそが野島整体院のリンパマッサージだったのだ。

100分コースだったので、肩、顔、腕なども全身マッサージを受け、すべてが終了した後、ベッドから起き上がってまたびっくりした。寝起きのようなけだるさは多少あるものの(実際、眠ってしまったし)、肩も腰も今までにないくらいスッキリしていたからだ。体が軽かった。足のふくらはぎだけは筋肉痛のような痛みが多少あったが、それも嫌な感覚のものではなかった。

「どうでしたか?」と野島先生が私の寝起きの顔を見て訊く。
「スッキリしました!でも、途中で寝てしまいました」
私が答えると、野島先生は笑って、「寝てしまうのは悪くないんですよ」と言い、それからリンパマッサージについていろいろと教えてくれた。

これはちょっと普通のマッサージとも、他の「リンパマッサージ」と謳っているものとも違うかもしれない……。非常に理論的で効果の高いリンパマッサージの仕組と目的を聞き、私はその確信を深めていった。